多言語 DTP

1992 年に多言語 DTP 部門を設立以来、弊社のDTP 専任チームは、120 以上の言語における大量の DTP 作業をこなして参りました。ローカライズしたマニュアルのオンライン版/印刷版は、オリジナルのデザインを忠実に再現する一方で、ターゲット言語と現地のニーズに合った固有のタイポグラフィで仕上げます。


翻訳プロジェクトの最終工程でもあるDTP は、ローカライズ版の仕上げを決定する意味で大切な工程です。翻訳の品質がいかに高くても、レイアウト上、あるいはタイポグラフィ上の些細なエラーが 1 つあるだけで、その製品やブランドに対してユーザーが抱く印象が大きく損なわれてしまいます。特に、マーケティング資料、広告、パッケージなど、企業の "顔" に相当する部分では、最大の注意が必要です。

さらに、規制対象の製品の場合、DTP の質が製品の承認獲得や使用自体に直接影響を及ぼすケースもあります。たとえば、患者情報リーフレット(PIL)の処方箋データで小数点の位置が間違っていれば、その結果は製品のリコールなど悲惨なものになります。また、医療機器や医薬品のケースで、ユーザーに対する不明瞭な情報または指示に問題があると判断された場合、製造物責任訴訟に巻き込まれることも考えられます。多言語 DTP は、決して軽視してはならない作業です。

充実の多言語 DTP サービス

弊社が提供する多言語 DTP の主なサービスは、以下のとおりです。

  • ターゲット言語の基準に従い、オリジナル版に合わせたローカライズ版のフォーマット/レイアウトの調節
  • オンライン用/印刷用の PostScript ファイル、PDF ファイルの生成
  • DTP の品質保証チェック
  • 特定のターゲット言語向けの DTP/タイポグラフィ用ガイドラインの作成とメンテナンス
  • オンライン用/PDF 印刷出力用のテンプレートとドキュメント デザインの作成
  • 各種 DTP アプリケーションおよびフォーマットからの翻訳対象コンテンツの抽出
  • 翻訳に回すためのコンテンツの抽出(オリジナル版の編集可能なソース ドキュメントがない場合)
  • シングルソース ソリューションの設計とメンテナンス
  • XML ベースの構造化プロセスへのオーサリング環境の移行(DocBook、DITA などの標準規格に基づく)

多言語 DTP ソリューションに関するご質問・ご要望は、お問い合わせフォームにてご送信ください。担当者より追ってご連絡差し上げます。他の方法によるお問い合わせをご希望の方は、こちらを参照してください。

お気軽にご連絡を

ビジネスの要件、ご質問、当社の提供サービスの詳細など、お気軽にご質問ください。問い合わせ用のオンラインフォームがございます。各国の当社オフィスでもメールや電話でご相談を承ります。

フォーム > 電話/メール >

無料見積もり申込

現在、翻訳作業や専門家の支援が必要な案件がおありですか?業務に精通した当社スタッフが無料で見積もりいたします。ローカリゼーションにかかわる様々な課題を解決するお手伝いをいたします。

お申し込み >